今日はお客様宅ご訪問と営業研修セミナー参加など活動的な一日を

過ごした大阪・名古屋のファイナンシャルプランナー廣江淳哉です。

 

*******

 

 今日は、新聞からの話題です。

 

 昨日、金融広報中央委員会が公表した

2010年の「家計の金融行動に関する世論調査」によりますと、

 家計の金融資産の残高が前年比で、+45万円となったそうです。

 

3年ぶりに増えたそうです。

その一因は老後の不安から貯蓄を積み増す人が増えたとか。

 

で、その貯蓄額の1世帯平均ですが、1,169万円です。

驚いた?。そんなに貯蓄、ありません(笑)

 

老後が心配だから貯蓄する。

貯蓄するから消費が減る。

消費が減るから経済が伸びない。

経済が伸びないから国の財政も苦しくなる。

国の財政が苦しいから将来の社会保障(年金)が心配になる。

老後が心配だから貯蓄する。

 

完全に負のスパイラルですね。日本の将来が心配になります・・・。