お元気なうちに意思を託すことが大切です。

皆さんもそうだと思うのですが、男同士というのは身内のもめ事や悩み事というのはあまり話に出しませんね。だから実感がわかないのでしょうか。 それとも自分はまだまだ死なないという「自信」に支えられているからなのでしょうか。また、たいした遺産もないから大丈夫と思われる方も多いようです。 このように相続対策が疎かなまま放置しておられることの何と多いことか。わたしたちが思っている以上に、相続でもめて取り返しのつかない事態に陥っていらっしゃる ご家庭は引きも切らないのです。

確かに相続税が発生するケースは5%に満たない状態です。しかし、相続に関するもめ事「争続」7件に1件の割合で発生しているのです。納税は発生しなくても、 遺産分割という行為は避けて通ることはできないからです。

ご自身の財産を正しく把握することが重要です。

また、まとまった資産をお持ちの方や会社を経営されている方は、思わぬ「財産評価」がある場合があります。相続税支払いの対象財産があるのに現金がない自社株の評価が高いために相続税が発生してしまった…といったことは結構多いのです。

ご自身の財産の性格を正しく把握することの重要性が、少しお分かりいただけたと思います。わたしたちで解決できない場合は、いままで培ってきた人脈や税理士、弁護士をはじめとする専門家のネットワークを活用してまいりますのでご安心下さい。

下に表示しているイメージ画像は、実際に相続対策・事業継承のご相談の際に使用する記入用紙の一例です。

24のMatrixで考える、事業承継の全体像

24のMatrixで考える、事業承継の全体像|ライフプランニングサポート(LPS)
24のMatrixで考える、事業承継の全体像|ライフプランニングサポート(LPS)
24のMatrixで考える、事業承継の全体像
弊社が独自開発したメソッド「事業承継・相続対策のための思考領域」 
-ライフプランニングサポート(LPS)-