✉ お問い合わせはこちら

景気動向

景気動向

2012/01/21

帝国データバンクによる「景気動向に関する調査報告」を聞く機会を得ました。
リーマンショックから立ち直りかけた矢先の震災、さらに追い討ちをかけるユーロ危機。
ガタガタになった日本経済の今後が気にかかっていました。
報告によると、復興需要による景気の下支えが期待されるものの、内外需とも閉塞感を強め踊り場が長引く可能性を指摘していました。
関西は未だ震災前の水準に戻らず、苦戦を強いられています。
原発への依存がどこよりも大きいことによる電力不足と、輸出に頼っているため円高の打撃を受けている家電メーカーが多いことが主な原因に挙げられていました。
自動車産業も同じように輸出に頼ってはいるもののユーロ比率が家電ほどではなく、東海地域はすでに震災前の水準にまで回復しており、設備投資の増加率も2011年は前年比21%と大幅に伸びていました。
名古屋を研修で訪れましたが、滞在わずか一泊ではその勢いを感じとるには少し短すぎて残念でした。
関西は今後の景気予報もぱっとしませんが、天気予報もよく外れることですし、こちらもいいほうに外れるよう期待したいものです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。