✉ お問い合わせはこちら

九州新幹線

九州新幹線

2011/05/07

震災直後から全てのテレビCMが消え、数日後からACジャパンのコマーシャルのみが流されました。
そのため、ほんの数回オンエアされただけでお蔵入りとなった幻のCMがいくつもあったようです。
その中のひとつ、九州新幹線開業CMが熱い視線を集めています。
鹿児島中央から博多までの250キロを半分の速度で走る新幹線の中から、沿線に集った住民たちのパフォーマンスを延々と撮り続け編集するという壮大な試み。
企画者でさえ、どんな作品になるか当日までわからないというハラハラもの。
ネットで呼びかけられ、集まったのは一万人以上。
自分の姿が放映されるかどうかもわからない。
報酬もない。
映ったところでキーホルダーの人形程度の大きさ。でも彼らは思い思いのコスチュームで装い、幟などの道具も用意し、一時間前に受け付けをし、「手をふってください」と車体に描かれた虹色の新幹線に向かって全身でアピールするのです。
ひとりの場面あり、新郎新婦あり、数百名の団体あり。
土手から、ホームから、川舟から、ビニールハウスやマンションから、企画者が感動で胸を熱くしたほどの熱気が車窓から伝わってきます。
全編に流れる躍動感溢れるマイア・ヒラサワの歌、男性のナレーション。
一万人の声は車内には届かないのに、何故か歓声や叫び声が聞こえてくる。
そんなCMです。
何度も見てしまいました。
便利な交通機関が当たり前の地に住む人間にはわからない、地元を愛する人たちの思いや期待が目一杯伝わってきてこちらが元気になれるこのCM。
よろしければYou Tubeでご覧下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。