✉ お問い合わせはこちら

中国

中国

2011/01/22

中国はよくも悪くも近年無視できない存在になり、その名を聞かない日はありません。
孔子・老子・孟子を生み、三国志や水滸伝にも魅力溢れる豪傑や識者が多数出てきます。
「死せる孔明、生ける仲達を走らす」は、つとに有名です。
何度も本を読み返し、憧れた国、中国。
安かろう悪かろうで世界中に溢れた中国製品は今や各国になくてはならない存在となり、巨大な力をかの国にもたらしています。
10年前日本の4分の1だったGDPはついに日本を抜きましたが、貧富の差は激しく民族問題は常に火種を抱え、少子化問題も加わり、多くの不穏な要因を孕んでいます。
この国に抱く個人の感情は様々でも、政治・経済はもちろん、私達の生活は中国情勢から多大な影響を受けざるを得ません。
この国をもっと知り、理解を深めていきたいものです。
そして、いつか必ず訪れ、真の姿に触れてみたいと思っています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。